2017/04/20

I Love Tram!!~トラムのいろいろ特集

先日、スターフェリーをまとめましたが、私が同じくらい大好きなトラムも取り上げたいと思います。
香港に行くと大抵、一度は乗車するのがトラム。
香港島住民の足です。MTR太古駅前に住んでいた私ですが、地下にもぐるのが億劫だったので、外出するときは急ぎでない限りはほぼトラムとバスでした。
過去に私が撮影したお気に入りのトラム写真をプチトラム話を含めてご紹介します。
トラムは大好きですが、車体にはあまり詳しくないので「どの番号がレア」とかあまり良くわかりませんのであしからず・・・。

103号トラム。トラムの車体の上下角と上に番号が書かれています。
「香港ウンチク話」のプロフィール写真としてSNSで使っているのがこの写真。
北角・春秧街で撮影しました。ここは本当に何度見ても飽きない光景です。

14号トラム。昨年、同じ春秧街で撮影しましたが、通過するトラムの前後を人が自由に通り過ぎているので、納得いく写真が撮れませんでした(笑)。リベンジしなきゃなー。

170号トラム。先頭のガラスが開閉できないタイプのトラム。新しい車両ですよね。
2000年に登場したミレニアム型車両だそうです。そういえば、住んでいるときに出始めたやつだ!
1両だけ冷房完備の車体が作られたそうですが、試作だけで終わっちゃったんですよね。

朝の通勤ラッシュ時はトラムもラッシュ!5台も連なっているのを見ました~。

団子状態で連なってトラムは後ろの車両との距離は本当にわずか!これでぶつからないんだからすごいです。

74号トラム。このMCMのデコレーショントラム、気に入りました。可愛い!
あ!これも同じ74号だ!でもこちらは目的地が電光掲示板になってますね・・・。

152号トラム。さて、このトラムと上のトラムの違い、わかりますか?
上の74番トラムの写真は車体の上に番号がありますが、この写真は「152」と大きく書かれていないですよね?
これ、後ろです。車体の上に大きく番号が提示されているのが進行方向に向かっているということになります。
この写真は後ろのトラムに乗って撮影したものだとわかります。上で紹介した170番トラムも同じく後ろから撮影しています。

このプラスチックの椅子とパイプの手すりがいいですよね。

昨年乗った比較的新しい車両(番号不明)はこんな手すりが付いていました。小奇麗でした。

停留所の名前も無く、車内アナウンスもなく、土地勘のない人は乗りこなすのが難しい乗り物だったのは昔のこと。
現在は停留所に名前が付き、ビギナーさんでも利用するのが難しくなくなりました。
まぁそもそも300-400mおきに停留所があるので、乗り過ごしても次で降りればいいんですけどね。

64号トラムは新しいタイプのトラムなのかな。乗り口降り口のドアが綺麗です。

私の中ではこの半分扉が「ザ・トラム」なんですけどねぇ。違い、わかりますか?

そうそう、ここはトラムととても縁のある場所です。
銅鑼灣・タイムズスクウェア(時代廣場)は1994年に建てられた大型ショッピングモールですが、その前はトラムの車庫だったんです。

昨年、台風が通過した香港でとてもレアなトラムに遭遇!
ちょうどFacebookで台風通過レポをしている最中だったので、私は全く気づかなかったのですが、動画を観た方から「120号が写ってますよ!」と教えていただきました。
(私の声はどうでもいいので、通過する120号をご覧ください~ww)
「120号トラム」とは1949年に製造された車体で、現在運行している車体の中で一番古いトラムです。
木製の懐かしいタイプのトラム。これを見たらいいことあるかも??

次回の香港旅行では久しぶりに香港島に泊まりたい!
そしてもっとじっくりと綺麗にトラムを撮影したいですねぇ。



https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19