2017/09/19

風邪の予防に檸檬の買出しへ~檸檬王@上環

昨日は久々に暑さが戻った関東地方でしたが、湿度も下がり、徐々に秋の気配を感じる今日この頃です。
さて、この時期になると私が気になるのは喉。気管支も喉も弱い私にはつらいシーズンが到来します。
6月の香港旅行で、それを見据えて檸檬グッズをいくつか購入してきました。

以前から行きたかった上環の【檸檬王】。名前からしてパワフルなイメージですが、檸檬や梅、陳皮などのドライフルーツを販売しているお店です。
お店とは言っても、上環・永吉街の通りにある箱型店舗の「盒仔檔」でお店を構えています。

お昼過ぎの永吉街。まだ開いていないお店があるなか、一つだけ行列が出来ているお店が・・・。

並んでいた方は大陸からの観光客ばかりでした。スーツケース持っていた方がほとんどだったので、これから帰るのかな?その前に買いに来たのかな?

10時から開店で私が到着したのは12時過ぎ。それでもう売り切れている品が・・・。
欲しいものがある方は午前中に行くのが良いと思います。
話梅(干し梅)も欲しいけど、今回は最低限欲しいものを買うことに。

今回買ったのは『甘草檸檬』(150g入り)50HKDと『鹹檸檬』(7個入り)40HKDのふたつだけ。
『甘草檸檬』はこのお店でずっと買いたかったのです。2年ぐらい前にこのジップロックのパッケージに変わったみたいです。内容量は150g。以前より値上がりはしてますね・・・。
乾燥した檸檬と別に「甘草粉」が中に入っていて、これをかけて食べると美味しいです。
「甘草」は葛根湯などにも配合されていて、独特の漢方臭さがありますが、この「甘草粉」は一切臭みがありません。オリジナルの調合をされているそうです。
前に並んでいた中国人の方々はこれをまとめ買いしてました!

一番買いたかったのがこれ。『鹹檸檬』は塩漬けレモンです。さて、これはどうやって使いましょう?このまま食べるのはちょっとしょっぱいと思いますので避けておきます。
一番簡単なのは炭酸に入れて飲む!もちろんレモンはガシガシつぶします。
茶餐廳でもセブンアップ(七喜)にこれを入れた「鹹檸七」というメニューがありますよね。
コーラでもジンジャーエールでもスプライトでもキリンレモンでもいいと思います。
私はただの炭酸水で割ってみました。
1個入れたけど半分の大きさで十分だと思います。1個だとしょっぱい。
塩分もあるし、これは熱中症対策によいのでは?あぁ、もう夏が終わってしまいましたね・・・。
これからの時期は暖かい紅茶などに入れて飲むといい気かな?合うかな?
『鹹檸檬』は喉の痛みに効果があるそうです。咳止め効果はないみたい。

内容量の記載がなかったのですが、大きな梅干サイズの『鹹檸檬』が7個入っていました。
実はお料理などにも使えるのですよね~。蒸し魚料理などに使えるそうです。
作りやすそうなレシピを見つけて、ウンチク餐廳で作ってみますね(笑)。

「乾物」というと買っても使わないまま放置してしまう方もいらっしゃるかな?
(以前の私がそう)。使い方が分からなかったり、調理法が大変だったりでついつい「買うのやめておこう」となりがちですが、ドライフルーツに限ってはそのまま食べられるので一番手に取りやすい「乾物」だと思います。
私も本来がめんどくさがり屋なので、買って簡単に使える食べられる乾物、今後もご紹介していきますね~。


<追伸>
春頃からブログ更新が少しスローペースになっていることをご心配されている方もいらっしゃるので一言。
春~初夏は仕事が多忙だったのと、春先より指の関節を痛めており、ここ最近は思うようにPC仕事が進められなくなっています。
(命にかかわることではないのでご心配なく!)
長く長くブログを続けていきたいので、出来るときはやる、出来ないときはやらないと身体をいたわりつつ、無理なくやっていくつもりです。
今後も更新が途絶えたり、連打したりするかもしれませんがご心配なさらずに!
暖かく見守っていただけたら幸いです。今後ともヨロシクお願いします!



https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19








2017/09/11

全日空航空で香港へ!~あれ?こんなに最新だったっけ?


6月の香港はANAで行きました。
夫のマイレージが拝借できるので、年に1回くらいはANAに乗っていると思います。
キャセイ、香港航空、LCCも利用しますが、実は香港便でJALだけは過去に一度も利用したことがないのです。
別に避けているわけではなく、何故か全くご縁がなく・・・。
恐らく最後にJALに乗ったのは15年以上前の台北便だと思いますw。

で、今回のANA便は恐らくボーイング787。といっても私は全く機体に詳しくないのですが、前回に比べてなんか綺麗だったので・・・。前回もコレだっけ?
いつも通路側に座ってビール飲んで映画観て寝るだけなので、気づいていなかったのかも。今回は幸運にも3人席を独り占め出来たので、普段座らない窓側も堪能することが出来ました。

いつもは通路側のトイレ近くに席を取ります。この列だけ私以外に乗客はおらず・・・ラッキー!

モニターがタッチパネル!いちいちコントロールボックスを引き出さなくてもいいのが楽ですね。
このコントロールボックスって古い機体だと反応が鈍かったり、壊れていたりするのでストレスです。映画観ててちょっと巻き戻したいのに全部巻き戻された時はもう・・・・へこみますww。

香港便から生力(サンミゲルビール)がすっかり消えましたね・・・とほほ。
出来れば生力か藍妹(ブルーガール)を置いて欲しいと思います。香港ビールがあるとテンションが余計上がります!
仕方なしに日本のビールをチョイスしますが、プレモルがあると嬉しい(^^)

久々に窓側に座っている方がいないので、離陸を眺めることが出来ました。
何度飛行機に乗っても離陸は苦手(^^;)
それにしてもすっきりした窓だなぁ・・・。あれ?シェードがないよ?
シェードのかわりに、こんなボタンが窓の下についていました。なるほど、これでガラスを暗く出来るんだ!すごい!!!初めて見た!!
右の窓はシェードを暗くしたもの、左はそのままのもの。明るさの違い、分かりますか?
なんか面白いぞー!とはしゃぐ私でありましたww。

さてさて、朝便だったので朝食はこちら。ハンバーグとサラダが2種類。
え?サラダ2種類?かぶりすぎじゃない?ww まいっか。
いつもスペシャルミールにチャレンジしようと思いつつ、結局は事前予約せずに通常の機内食です。
ちなみに帰国便の夕食はこちら。白身魚のクリームソースパスタにしたら、うどんが付いてきたよwww。炭水化物取り捲りです。
事前に機内食はチェックしておかないとダメだな・・・とほほ。
ちなみにドリンクは白ワインとアップルジュースを半分ずつ入れていただいた、即席サングリア。赤ワインならオレンジジュースと半々にしてもらいます。
CAさんに「それいいですね!」って言われたけど、お手間ではないでしょうか?
メンドクサイ客ですみません・・・。
さて、そろそろ香港到着だ!!!ん?「シンカオルン」って何?どこ?

んんんんんー???よく見ると聞きなれない地名がたくさん!
あれ?私の向かっているのは香港だよね?こんな地名あったっけ???と思い、写真を撮っておきました。ちなみに眼下は右が荃灣、左が尖沙咀、右にある島は青衣島です。
地図バカなので地図とにらめっこして地名を判明させようとしましたが・・・。

■「シンカオルン」・・・新九龍(New Kowloon)ということなのか?指している位置は南昌あたりです。
■「チャウツァイ」・・・青衣の南を指しているこの地名。この一帯は物流倉庫や電力会社ばかり。南湾、南環という地名があるものの「チャウツァイ」を意味する地名が見当たらない。普通語読み??
■「サムトゥ」・・・むむむ!エリア的には荃灣です。探したけどやはりこの文字を表す地名が見つからず。
■「コンシンワン」・・・これは香港島西の數碼港(サイバーポート)を指しています。ここは香港でも比較的新しい街で以前は「鋼綫灣」という街だったようです。あ、これが「コンシンワン」だ。
■「ヨンシュエロン」・・・こちらは南Y島北部を指してます。これ普通語読みだよね?「シュエ」なんて発音する広東語ないよね?だとすると、指してる地名からちょっとずれるけど「溶樹湾」がなんとなく近い発音なので、ココではないかと推測。
■「ガウイーチャウ」・・・これは思いっきり広東語なので一発で判明。「交椅洲」ですね。坪洲の東にある無人島ですが、観光地ではないのであまり知らないですよね。

くだらないコトに最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!
出来れば英語読みか広東語読みのカタカナかに統一したら分かりやすいんじゃないかな?
もっとメジャーな地名を表示したほうがいいんじゃないかな?
と思いましたが、何か理由があってこの表記なのかな?
初めて香港に行く人がコレを見て「シンカオルンってどこ?」と混乱しちゃいそうー!
面白いのでまたANAに乗ったら地名チェックしてみます。


https://www.instagram.com/hongkongunchiku/
http://www.tripuuu.com/?author=19